HOME > 上五島の紹介

上五島の紹介

  • 長崎県の最西端・五島列島の北部に位置する新上五島町は、中通島や若松島など7つの有人島と60もの無人島が連なり、その多島美は日本でも1、2をあらそうほど。大部分が西海国立公園に指定され、変化に富んだリアス式海岸、そして懐かしい集落風景にそこここで出会えます。

    古くは縄文・弥生時代の遺跡が点在し、奈良時代からは遣唐使船の寄港地として、また鎌倉時代には海の要塞として、さらには安土桃山時代から江戸時代にかけて、新天地を求めて島々に渡ってきたキリシタンの里として、固有の文化がいまも残ります。

    五島の自然が育んだ海の幸・山の幸も豊か、そんなエリアが上五島です。


 
 

島内全域マップ

PAGE
TOP